スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラスベガス仕様のコイン巻き機を逆輸入

メダルサンドがまだなかった時代、スロットコーナーでは、コインを紙にまいたものが一発払い出しされていたが、コイン巻き機はトラブルが多かった。

当時、私はホールの営業部長の立場だった。メーカーの役員を呼んでこう要望した。

「銀行向けのものをパチンコホールに販売して、売り逃げするような考え方は止めて欲しい」

当時コイン巻き機は中古でも100万円ほどしたが、3カ月も経つと壊れることが多かったためだ。

メーカーから話しを聞くと銀行仕様は1日800本巻いて、5年の耐用年数があったわけだが、繁盛ホールでは1日5000本巻くことはざらだった。

800本対5000本では最初から話にならない。

そこで、打開策としてアメリカのラスベガスへ輸出しているものを逆輸入することになった。

カジノ仕様なので、巻くスピードも格段に速い。耐久性もある。

ホール用にソフトも50枚巻き仕様に作り直したところ、それが評判となり、瞬く間に全国に広まった。

包装紙で売上げが分かるおまけまで付いたが、ホール現場のニーズをメーカーに折衝して、ホールが使いやすいものを作ってもらっていた時代の昔話しである。

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

ホール現場から見えてくる将来の風景

私は時間があれば、パチンコを打っている。根っからパチンコが好き、という理由もあるが、それは、ホールでお客様を観察の目的もある。

同じ店に毎日のように足を運んでいれば、お客様の動きが手に取るように分かる。

例えば、MAX機ばかりを打っていた夫婦が、いつしかミドル機を打つようになり、最後は甘デジコーナーに腰を据えている。

やはり、夫婦で来ている焼きソバ屋の肉の量が少なくなっていることにも気づいた。材料原価を削っている理由は、パチンコで負けたからなのか、それとも売上げの中からパチンコ代を捻出するためなのか。いずれにしても、パチンコが影響していることが推察できる。

ある日はカウンターにビニール袋一杯に詰まった硬貨を持ってきたおばちゃんの姿を目撃した。貯金箱に貯めていた1円、5円、10円玉を札に両替してもらうためだ。

なけなしの金を両替してでもパチンコを打ちたい。悲壮な姿である。

そういえば、毎日来ていた弁当屋のおやじさんの姿が見えなくなった。

毎日、同じ店で打っていると人間模様の縮図が見えてくる。

業界は等価交換、4円MAXで市場を煽り立ててきたが、お客様の懐状況が疲弊しきっていることが定点観測から見えてくる。

店長が1日事務所へ閉じこもってデータとにらめっこしているようでは、お客様の息遣いを肌で感じきることはできない。

お客様の懐状況が分かれば、どういう営業をすればいいのか、自ずと答えが出てくる。

それに対応できないホールが多い、ということは店長が現場に立っていない、という証かもしれない。

パチンコが良かった、といわれた時代にはオール10やハネモノがあり、フィーバーも1/190~1/200の確率で、出玉は2000発。

全国一律45個交換。大衆のささやかな娯楽、という認識を機械も営業方法も含めて、原点回帰しなければいけない。

そこまでの覚悟がなければ、業界の明日はない。

人気ブログランキングへ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

satohara

Author:satohara
株式会社TS企画
代表取締役里原哲寛
パチンコユーザー視点でものごとを見れば、何をどうすればいいかが見えてくる。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。